Profile

佐原 敦子 Atsuko Sahara

東京藝術大学附属音楽高等学校、東京藝術大学卒業。同大学院修士課程ヴァイオリン専攻修了。文化庁芸術家在外研修員として2年間留学、ウィーン国立音楽大学大学院室内楽科修了。ウラルスク国際ヴァイオリンコンクールに優勝し、日本各地をはじめ、イギリス、アメリカ、インド、カザフスタンなどでリサイタルや音楽祭に出演、国際的な活動を開始する。イギリスのQuartzより「Atsuko Sahara Works for Violin & Piano」、Toccata Classics より[Julius Julius Röntgen:Chamber Music Vol.1]をリリース。知られざるオランダの作曲家ユリウス・レントヘン(Julius Röntgen1855-1932)の楽曲の日本初演を行っている。学生時代より現代曲にも積極的に取り組んでおり、ルツェルンフェスティバルアカデミーに3度参加、故ピエール・ブーレーズ氏の元学ぶ。2018年にリリースされた「南聡作品集Second Air...」にクァルテットで参加、レコード芸術特選盤を受賞。これまでに霜佐紀子、澤和樹、和波たかよし、ヨハネス・マイスル各氏に師事。東京藝術大学大学院室内楽科非常勤講師を経て、現在、藝大フィルハーモニア管弦楽団第1ヴァイオリン奏者(東京藝術大学非常勤講師)、アンサンブルofトウキョウメンバー。


Atsuko Sahara graduated from Tokyo University of Art(Tokyo Geidai) with a Master of Arts degree. After studying at Geidai,she went to Vienna for two years as a scholarship student of Agency for Cultural Affairs in Japan, to continue her studies at the Joseph Haydn Institut fuer Kammermusik und Spezialenensembles.She won the first prize at the Uralsk International Competition,in Kazakhstan in 2004.Her debut CD,with music by Dvorak,Matsushita,Wieniawski and Ysaye,was recorded with John Lenehan on the Quartz label.Her second CD,with music by Julius Roentgen on the Toccata classics as the world’s first recording for chamber music works of Violin and Piano.She has given recitals and concerts at the music festival in the USA and in England as well as in Scotland,Japan,India and Kazakhstan.Currently,she is a member of the Ensemble of Tokyo and Geidai Philharmonia and has given concerts in various parts of the world.



★好きな食べもの:ごはん、いくらの醬油漬け、焼き芋、あんこ

★好きなこと:映画鑑賞、山登り、美味しいものを食べること

★好きな作曲家:モーツァルト、レントヘン

★好きなヴァイオリニスト:オイストラフ、クライスラー


Violin  ウィリアム William

パリ生まれの145歳。サハラとは24年のパートナー。


ウィリアムと私(2011年のブログ記事です)

Newウィリアムと共に(2017年のブログ記事です。)